自社ブランド品アンモライトのご案内

展示会

アンモライトはダイヤモンドやルビーと違い、知名度の大変低い宝石です。先ず知っていただくことを最優先に大自然の神秘が生み出した奇跡の超希少な宝石としてしっかりご紹介する展示会を行っています。

アンモライト原石とマンモスの牙アンモライト原石とマンモスの牙

展示中のアンモライト展示中のアンモライト

アンモライト展の様子アンモライト展

アンモライトオーロラ

化石のアンモナイトはよく知られていますが、アンモライトという宝石は全くと言っていいほど知られていません。
1992年、創業社長がアリゾナ州ツーソンで世界最大の宝石・鉱物ジェムショーで、初めてこの雄大な大地の中で7千万年の時を経て現れた神秘の宝石「アンモライト」に出会いました。
あまりの美しさに心魅せられ、日本に伝えたい!
その思いの実現により、アンモライトジュエリーを制作することになりました。

カナダのアルバータ州南部で採掘

アンモライトはそもそもどういう宝石なのか?
アンモライトはカナダのアルバータ州南部の数か所でしか取れません。
(埋蔵量が少ないので国の財産だと考えているカナダ政府は年間の採掘量を制限している上、今後20年で掘り尽くされると推測されています。)
この地で採掘されたアンモナイトだけが、まさにオーロラの神秘の光を宿した様な美しさを持っていたため、「アンモライト」という宝石名がつけられました。

貴重な天然アンモライトを取り扱い、デザインを起こして自社制作をしています。万全のアフターフォロー体制での販売により、絶大な信用を得ています。

制作までの流れ
  1. アンモライト鉱山で採掘用のブルドーザーのシャベルに乗り込み、アンモライト原石を探す。

  2. こんな石の中にアンモライトの原石が入り込んでいます。

  3. 原石が中に入っているかハンマーで割ってみます。

  4. アンモライト原石を発見。こんな形のものはめったに見つかりません。

  5. アンモライト原石の破片。この中からしっかり厚みのあるものだけが天然アンモライトとして研磨されます。

  6. アンモライトを研磨します。

  7. ほぼ研磨の終わった天然アンモライトのルース。

  8. 完全に研磨が終わったアンモライトのルース。正にオーロラの輝きです。

商品ピックアップ

一番多い色は、赤、オレンジ、黄色、緑で、まさにオーロラ色、虹色の宝石です。
青と紫は希少性が高く、特に珍重されます。幾層もの薄い層から成り立っており、見る角度によって玉虫色のように色を変え、一つ一つ違う色と模様の表情を見せてくれます。
私たちは「オーロラ」という名前でブランド化しました。

アンモライトのブローチペンダントオーロラ製品アンモライトのブローチペンダント

アンモライト説明会の様子

アンモライト展の場合、先ずアンモライトがどのような宝石か、12分間のDVDをご覧いただきます。
アンモライトの説明ビデオをご覧いただきながら、実際に原石、ルース、製品を手に取っていただいて、ご説明いたします。

アンモライトについては、さらに詳しくリンク先の弊社運営ページ
「アンモライトの世界」でご覧頂けます。

「アンモライトの世界」ホームページはこちら

ページトップに戻る

宝石イベントのご案内はこちら

宝石イベント実施例はこちら

自社ブランド品カメオはこちら

自社ブランド品アンモライトはこちら

株式会社エヌ・ディー・シー

〒542-0081
大阪市中央区南船場3-2-1
日本ジェムセンタービル

06-6244-1821

よくあるご質問はこちら

ジョワ宝石ビジネススクールのホームページはこちら